脱毛スプレーで肌荒れした場合のアフターケアは?

脱毛スプレーは、いわゆる「除毛剤」です。そのため、スプレーした箇所の毛を溶かし取り除くことができるのです。そのため肌への負担も大きく、中には肌荒れを起こしてしまう人もいるでしょう。

 

脱毛スプレーでもっとも多い肌荒れが「黒ずみ」「乾燥」です。「カミソリじゃないのに黒ずみができるの?」と思われるかもしれませんが、しっかり除毛できていなければ毛が残ってしまいますし、繰り返し除毛することで黒ずんでしまうこともあります。また乾燥は、脱毛スプレーでも特に多い肌荒れです。接触性皮膚炎を引き起こすケースも多く、いずれも患部がかゆくなり赤みを帯びてきます。ひどい場合は小さな湿疹や水泡ができる人もいるでしょう。

 

乾燥を防ぐ

黒ずみが気になる場合は、保湿効果のある美白化粧品がおすすめです。乾燥や接触性皮膚炎は、とにかく保湿が第一になります。肌がゴワゴワする乾燥は、角質層の水分量が低下している状態なので、十分な保湿をしてあげることで悪化を防ぐことができます。なかでも保湿化粧水で水分を十分に与えることにより、乾燥した肌が蘇るでしょう。そのあとは乳液やクリームなどでケアしてあげてくださいね。

 

接触性皮膚炎は、自分ではどうにもできないことがほとんどです。しばらく様子を見て治らないようでしたら、皮膚科を受診することをおすすめします。接触性皮膚炎はそのままにしておくと黒ずみの原因になりますので注意しましょう。

 

熱いお風呂は入らない

脱毛スプレーを使用したあとは、肌が極度に敏感になっている状態です。当然、刺激を与えると悪化しますので、熱いお風呂もNGです。入浴は問題ありませんが、体を洗うときは極力擦らないことです。また、湯船に浸かると毛穴に菌が入りやすいので避けたほうが良いでしょう。かゆみや炎症を引き起こす可能性があります。

 

先にも述べたように、脱毛スプレーには毛を溶かす成分が含まれています。たとえ肌荒れを起こしていない人でも、使用後はなるべく肌を労わってあげましょう。そして、しっかり保湿などのアフターケアを忘れないようにしてください。

 

おすすめのスキンケア

色々なスキンケア化粧品がありますが、特に肌が敏感になっている脱毛スプレー後は、より肌にやさしいナチュラルなものがおすすめです。そこでぜひ使ってほしいのが「パックスベビー ボディークリーム」です。べビー用のスキンケア化粧品なので無添加&高保湿で敏感になった肌でも安心して使うことができます。またパルミトオレイン酸を多く含んだマカデミアナッツオイルを配合しているので、強い乾燥にもしっかり保湿することができるでしょう。

 

次に「メンターム ワセリン」です。柔らかいテクスチャで肌馴染みも抜群です。無香料・無着色・パラベンフリーになっているので、子供の肌にも使えますし、脱毛スプレー後にも最適です。お手頃価格なのも嬉しい商品です。