脱毛スプレーの使い方記事一覧

結論からいいますと、脱毛スプレーの再利用はできません。脱毛スプレーは、スプレーで吹きかけた部分が泡になります。その泡が再利用できるのかどうか、疑問に感じている方もいると思いますが、再利用は不可能です。そもそも一度使用したものを再度使うのは衛生的にも良くありません。たとえば、シェービングクリームも使用は1回限りで、同じ泡を保管しておいて次回使用するようなことはしません。脱毛スプレーも同様で、一度使用...

脱毛スプレーは、基本的にどの製品も使い方は同じです。そのため、基本的な使い方をマスターすれば誰でも簡単に除毛ができます。しかし使用する前に知っておきたいのは、「除毛」であることです。脱毛スプレーと謳っていますが、正確には除毛スプレーなので、永久脱毛の効果はありませんし、毛根は残ったままになります。使用方法は、1?5の手順になります。1.肌を清潔にします 2.気になる個所に直接スプレーします 3.一...

脱毛スプレーはエステサロンで行う脱毛ではないため、毛周期を守って使用しなければいけないという決まりはありません。基本的に自分に合った使用頻度で良いのですが、なかには肌が弱い方もいます。そこで、「これくらいの使用頻度なら良い」と言えるのは、2?3日後です。継続して使うことによって毛が生えるのを抑制しますので、残念ながら1回の使用ではしっかり効果を実感することはできないでしょう。ですから、最低でも2?...

人の毛には、「毛周期」というものがあります。毛周期は「成長期」と「退行期」、そして「休止期」の3つのサイクルに分けられ、それぞれ毛の状態が異なります。成長期は、毛乳頭から毛が伸び始めた状態を指します。個人差がありますが、ワキや腕・足で3?5か月程度です。退行期は毛の成長が止まった状態のことで、毛乳頭から2?3週間程度で毛が抜けていきます。休止期は、毛が完全に抜け落ちた状態です。毛乳頭だけになる期間...

うなじは自分では見えない場所ですから、安易にお手入れすることはできません。脱毛スプレーは他のお手入れ方法より簡単ですが、商品によって含まれている成分が違います。ですから、使用する前にまずどんな成分が含まれているかを確認し、しっかり脱毛効果のあるものを選んで使用しましょう。デリーモやNARKS K(ナークスケー)は強力なチオグリコール酸カルシウムが含まれているので、難しいうなじの毛もキレイに脱毛する...

お尻のムダ毛は自分ではなかなかお手入れができません。そのため、気になる方は脱毛サロンや医療機関を利用される方が多いと思いますが、人に施術してもらうのも気が引けるかもしれません。そこでおすすめしたいのが脱毛スプレーですが、「脱毛スプレー」といっても、いわゆる除毛剤のことです。そのため毛を根元から完全に取り除くことはできませんが、カミソリを使うより滑らかでな肌になりキレイにすることができます。また、ス...

脇のムダ毛を気にしている女性は多いのではないでしょうか。毎日カミソリでお手入れしている方や、思い切って脱毛サロンを利用している方などさまざまだと思いますが、カミソリは炎症や埋没毛、色素沈着などの心配がありますし、脱毛サロンはお金がかかってしまいます。さらに、毛根からしっかり毛を取り去るには医療機関の脱毛のほうが効果的だと言われていますが、施術の際に痛みを感じると言われています。そして、脱毛サロンよ...

脱毛サロンに行くと、「フェイシャル脱毛」といって顔のムダ毛をお手入れすることができます。範囲はサロンによってさまざまですが、おでこや頬、口周りなど比較的に全体を脱毛できます。最近では男性の脱毛サロンも増え、髭のお手入れをしに行かれる方も少なくないのではないでしょうか。では、脱毛スプレーは顔にも使えるのか?結論からいいますと、基本的に脱毛スプレーは顔に使うことはできません。どのメーカーも、顔への使用...

一般的に、顔やVIOラインの除毛剤の使用は禁止されています。なかには使用できるものもありますが、デリケートゾーンなので使用するときは慎重に、十分な注意が必要になります。では、どんな商品がVIOラインにも使用できるのでしょうか?それは、「美容成分が含まれているもの」です。除毛剤は、脱毛スプレーを含めチオグリコール酸カルシウムというアルカリ性の成分が含まれています。この成分は毛を溶かす作用があり、ニオ...

脱毛スプレーはスプレータイプなので、手が届きにくい背中のムダ毛も簡単にお手入れすることができます。しかしお手入れしやすいからといって、適当に背中に吹きかけると失敗します。ポイントはいくつかありますが、まず髪をまとめておきましょう。うなじのお手入れと同じで、髪がかかっていると髪を溶かしてしまう恐れがあるからです。特に長い方はしっかりまとめて背中にかからないように準備してください。準備ができたら、鏡を...