脱毛スプレーを背中に使う時の塗り方やコツ

脱毛スプレーはスプレータイプなので、手が届きにくい背中のムダ毛も簡単にお手入れすることができます。しかしお手入れしやすいからといって、適当に背中に吹きかけると失敗します。ポイントはいくつかありますが、まず髪をまとめておきましょう。うなじのお手入れと同じで、髪がかかっていると髪を溶かしてしまう恐れがあるからです。特に長い方はしっかりまとめて背中にかからないように準備してください。準備ができたら、鏡を見ながらムダ毛が気になる部分に吹きかけます。その際「毛が隠れるくらい」がベストです。スプレーをした後は拭き取りますが、背中だと拭き取りにくいので、そのままシャワーで流してアフターケアをしてください。

 

 

シャワーを浴びる前に

背中は手が届きにくいので、スプレー後の拭き取りができません。ですから、シャワーを浴びる前に使用するのがベストタイミングです。もし背中が汗などで濡れている場合は、しっかり拭き取ってからスプレーを吹きかけるようにしましょう。冬場だと上半身裸は冷えてしまいますが、脱毛スプレーは5分?最大でも10分置くだけで良いのですぐに終わります。しかしほとんど方が、露出が増える春から夏にかけてお手入れすることが多いと思いますで、よほどのことがない限り寒い時期の使用はおすすめしません。腕や足なら年中使用しても体が冷える心配はありませんので安心ですね。

 

 

洗面所でお手入れしよう

背中やお尻のように自分で見えにくい部分は、鏡がある場所で行うのがベストです。背中なら洗面所がおすすめです。鏡に背中を向けて、ムダ毛が気になる個所に吹きかけましょう。毛が隠れるくらいまでスプレーするのが良いので、十分に吹きかけてください。その際、液だれの心配がありますので、下にビニールシートや使わないタオルなどを敷いておくと安心です。商品によっては付属のヘラが付いている場合がありますが、背中には使いにくいで、背中をお手入れするときは吹きかけるだけで良いでしょう。パートナーがいる方は、手伝ってもらうのもひとつの手段です。

 

 

背中のムダ毛を抑える方法

脱毛スプレーは除毛効果があるので、使うたびに毛質が変わってくるのが分かります。しかし、さらにキレイに除毛するなら、スキンケア+アフターケア+食事などを取り入れると良いでしょう。もちろん、脱毛スプレー後は十分なアフターケアが大切ですが、普段からスキンケアや抑毛効果のある食事を心がけておくと、より効果が実感できるようになります。食事では、大豆イソフラボンの摂取がおすすめです。女性ホルモンと似た働きがあり、毛を柔らかくまた生えにくくしてくれる作用が期待できます。