脱毛スプレーでお尻脱毛をする方法やコツ

お尻のムダ毛は自分ではなかなかお手入れができません。そのため、気になる方は脱毛サロンや医療機関を利用される方が多いと思いますが、人に施術してもらうのも気が引けるかもしれません。そこでおすすめしたいのが脱毛スプレーですが、「脱毛スプレー」といっても、いわゆる除毛剤のことです。そのため毛を根元から完全に取り除くことはできませんが、カミソリを使うより滑らかでな肌になりキレイにすることができます。また、スプレータイプなので手が届きにくいお尻のムダ毛もしっかりお手入れできるのがメリットです。ただし、脱毛スプレーには強力なアルカリ性の成分、チオグリコール酸カルシウムが含まれています。これは毛を溶かす成分ですので、見えない個所だからこそ肌荒れなどに十分注意する必要があります。

 

どのタイミングでやったら良い?

肌の調子が良いときです。また生理や妊娠のときなど、肌がデリケートになっているときは避けましょう。そして、お風呂場での作業がおすすめです。最近はインバスタイプのものも増えており、お風呂場でも十分に脱毛できるようになりましたが、濡れた肌では効果が半減してしまうので、なるべく肌が乾燥した状態で行うのがベストです。とはいえ、お尻のお手入れは服を着た状態ではできませんので、お風呂場で行うのが良いでしょう。

 

ポイントは、「肌を濡らさないこと」です。体を洗っていない状態で行いましょう。お風呂場なら使用後もすぐに洗い流せるのでお尻のお手入れには最適だと言えます。

 

パッチテストが必須

お尻は、意外にも敏感な場所です。皮膚が厚いので脱毛スプレーも難なく使えるイメージがありますが、ニキビや吹き出物など肌トラブルを起こしやすい場所でもあります。ですから、脱毛スプレーを使う前にしっかりパッチテストを行いましょう。24時間経過してもトラブルが出なければ安心して使うことができます。ただし必ずしもパッチテスト=安心というわけではありませんから、万が一トラブルが出た場合はただちに使用をストップしてください。お尻が荒れてしまうと色素沈着で汚くなってしまう恐れがあるので、自分では見えにくい場所だからこそ無理に脱毛しないことが大切です。

 

しっかり保湿する

脱毛することだけに気を取られてしまいがちですが、アフターケアも大切です。前述した通り、お尻は意外にも敏感な部分ですので、肌荒れを起こしてしまうと色素沈着を起こして汚なくなってしまう恐れがあるからです。それを防ぐためにも、アフターケアは欠かせません。保湿ローションでしっかりうるおいを与え、クリームで整えましょう。脱毛スプレーを使用した後は、アフターケアを習慣にすると肌トラブルを起こしにくくなりますし、万が一何かあっても早い段階で治すことができます。アフターケアをするまでが正しい使い方です。